生え際の薄毛を予防するにはどうすればいいか?

生え際の薄毛は以下のように生活習慣を見直すことである程度は予防することが可能です。
栄養バランスのとれた食事を毎日3食きっちりとることが大切です。甘いものや脂っこいものを食べ過ぎると皮脂が過剰に分泌されるようになりますし、血液もドロドロになってしまうので髪が抜けやすくなってしまいます。
そのため、甘いものや脂っこいものはなるべく控えるようにし、青魚やタマネギなどの血液をサラサラにする効果がある食べ物を積極的に食べるようにすることが大切です。また、眠る2時間前には何も食べないようにすることも大切です。

 

1日30分程度のウォーキングでもいいので定期的に運動をすることも大切です。適度に運動をすれば新陳代謝や血行が良くなりますし、ストレスの解消にもつながるので髪を抜けにくくする効果が期待できます。

 

睡眠不足は薄毛の原因となるので良質な睡眠を十分にとることも大切です。
特に22時から2時の間は新陳代謝のゴールデンタイムとされているので、この時間はできるだけ眠るようにすることが大切です。

 

ストレスは血流を悪くしますし、ホルモンバランスが崩れる原因にもなるので可能な限りストレスを溜めないようにすることも大切です。
そのためには適度にストレスを発散したり、自分なりのストレス解消法を見つけたりすることが大切です。

更新履歴